<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2013年 02月 25日
春を呼ぶ花・セツブンソウ   <1125>
 節分の頃咲きだすのでセツブンソウの名がついたそうですが
今年は寒く例年より遅れているようです。
ここ総領町ではボランティアの人たちに守られて
7か所に自生していますがみられたのは1か所だけでした。
透き通るような白い花弁は愕で花びらは退化しているそうです。



f0093285_15282015.jpg


f0093285_15283179.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2013-02-25 15:29 | 四季の花々
2013年 02月 21日
春の花がボチボチ        <1124>
 天気のいいときは明るい光に誘われて外を歩いてみたくなって散歩に出て見ます。
しかし外を吹く風はまだ冷たく手袋・ダウンジャケットが手放せません。
気を付けてみると梅、スイセン、スミレなどが可憐な姿をのぞかせていました。
春を待ちかねている身には嬉しい姿です。


f0093285_14273593.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2013-02-21 14:28 | 四季の花々
2013年 02月 16日
三原の「神明祭り」         <1123>
「神明祭」とは、伊勢神宮を祀る祭りのことをいいます。
この信仰が全国に広まったのは、室町末期で、三原もその頃、この地方の港町として栄えつつあり、
当時、九つの町組が寄り合って始めたのが祭りの起こりと言われております。
毎年2月の第2日曜日を含む前3日間神明祭りは、とんどをまき、神棚を飾り、伊勢神宮の弊を観請し、あちらこちらの店先に翁人形やだるまを飾りつけ数百の露店が立って、身動きできない程の人出で賑わいました。
 三原城を築いた小早川隆景はこの祭りを大切なものとし、近郷より繰り出す景気人出の模様を見て、その年の豊凶を考量されたと言われています。
備後地域の春祭りのさきがけとして、その遺風は現在まで受け継がれ500もの露店が出て賑わっていました。
今年は「日本一」の大ダルマも新調されピカピカです。
高さ3.9M,直径2.9Mもあって威容を誇ります。


1 500もの露店と人のにぎわい、ダルマ販売も大繁盛。
f0093285_1420536.jpg

2 露店の商品も様変わりしてチョコバナナ、クレープ、シシカバブ、箸巻きなどがあります。
f0093285_14224319.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2013-02-16 14:22 | イベント
2013年 02月 11日
目立つ野鳥たち           <1122>
 昨年は全国的に野鳥が少なく各地で話題になっていたようです。
今年は寒さが厳しかったせいかまたメジロの捕獲が禁止になったのを知ってか?
沢山の野鳥が訪れているようです。
特にメジロは群れになって飛び回っています。


f0093285_16454671.jpg

f0093285_164637.jpg

f0093285_16462121.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2013-02-11 16:47 | 生き物達
2013年 02月 06日
節分の豆まき            <1121>
 尾道の西国寺で節分の豆まきが行われたので出かけてみました。
豆まきの始まる前に大数珠が廻されそれぞれの思いを込めて数珠にすがります。
一年の無病息災、家内安全を祈念する行事だそうで、
その年の干支生まれの人たちが、袴姿で「♪鬼は外、福は内」のかけ声とともに炒った大豆をまきます。
豆のほかに、餅やくじも投げられました。
豆を拾いに来た人たちは千人ほどもいたでしょうか賑やかでした。


f0093285_14415014.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2013-02-06 14:43 | イベント
2013年 02月 02日
遊園地のイルミ          <1120>
 20kmほどの所にある遊園地でイルミネーションをやっているというので
日の暮れる頃でかけてみました。
日曜日だったので駐車場が隙間のないほどの混雑ぶりでした。
LEDを使うようになってから光の色が鮮やかです。
日が暮れてから気温がぐんぐん下がり一時間ほどの滞在でふるえあがりました。


f0093285_1356214.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2013-02-02 13:57 | イベント