<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2014年 09月 30日
近所の動物たち           <1165>
近所には色んな動物たちがいます、以前に比べて野良のイヌ、ネコが減ったように思われます。
野良?のカラスは以前にもまして増えたようで朝ねぐらから出るときねぐらに帰るとき賑やかです。
イヌネコを撮るとき中々目線をくれなくていいものが撮れません。
こちらをまるで相手にしていない者もいます。


f0093285_1435636.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2014-09-30 14:04 | 生き物達
2014年 09月 26日
勇ましい岸和田だんじり         <1164>
 だんじり(地車)と呼ばれる4Tもの屋根付きの屋台を
中に笛・太鼓・鉦などの囃子物を鳴らしながら曳き回します。
そして交差点を曲がるときに決してスピードを緩めないのです。
 屋台を傾かせながら高速で突っ切るスリルはハラハラものです。
15台ものだんじりがいろんな方面から交差点に入る兼ね合いもあります。
順番をめぐって喧嘩になるときもあるそうです。
そのために各だんじりには「交渉掛り」と言う人が付いています。


f0093285_16445434.jpg

f0093285_16451272.jpg

f0093285_16453031.jpg


二科会写真部入選
[PR]

by hakutou5 | 2014-09-26 16:47 | イベント
2014年 09月 22日
彼岸の中日             <1163>
明日は秋彼岸の中日、昼と夜の長さが同じ日ですね。
朝はずいぶんと日の出が遅くなり夕方は早く日が暮れるようになりました。
このころになると必ず咲きだすのがヒガンバナ、今年も群生地を覗いてみました。
一昨年に台風の影響を受けたとかで花の数は少なめでしたが眼を楽しませてもらいました。



f0093285_15204287.jpg


f0093285_15223363.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2014-09-22 15:23 | 四季の花々
2014年 09月 18日
空中庭園                <1162>
大坂の空中庭園展望台と言うところに行く機会がありました。
地上173Mの空中に展望台を造った当時はトップクラスでした。
ハルカスやランドタワー等ができて今やベスト10にも入れません。
それでも頂上からの眺めは最高、外が見えるエレベーターでは足が震えるようです。


f0093285_15562862.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2014-09-18 15:58 | 風景
2014年 09月 14日
秋を感じさせる風物 <1161>
朝晩もさっかり秋らしくなってきました。
花や木の実なども秋を感じさせます。
夜も肌掛けだけでは肌寒く感じられます。
食欲の秋、気をつけなければ…


f0093285_1623321.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2014-09-14 16:23 | 四季の花々
2014年 09月 10日
中秋の名月とスーパームーン     <1160>
 9月8日は中秋の名月、9日はスーパームーンということでした。
どちらも好天に恵まれてたっぷりと観賞することができました。
わが家にはススキもお団子もありませんでしたが十分雰囲気は楽しめました。
月の出直後と月の入り直後が大きいというので月の出直後を狙ってみました。
やはりスーパームーンの方が大きく感じられます。
3枚目は天空の月と池に映った月です。
                  D800+2倍テレコン+Nikkor80-400mm


         9月8日の月                          9月9日の月   
f0093285_104901.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2014-09-10 10:53 | 風景
2014年 09月 06日
おわら風の盆            <1159>
 気品高く情緒豊かに唄い踊り継がれる「おわら風の盆」
丘の上の町ここ八尾に9月1~3日に20万人もの人が見物に訪れます。
元禄15年(1702)3月、加賀藩から下された「町建御墨付」を八尾の町衆が、
町の開祖米屋少兵衛家所有から取り戻した祝いに、
三日三晩歌舞音曲無礼講の賑わいで町を練り歩いたのが始まりとされています。
どんな賑わいもおとがめなしと言うことで、春祭りの三日三晩は三味線、太鼓、尺八
など鳴り物も賑々しく、俗謡、浄瑠璃などを唄いながら仮装して練り廻りました。
これをきっかけに孟蘭盆会(旧暦7月15日)も歌舞音曲で練り廻るようになり、
やがて二百十日の風の厄日に風神鎮魂を願う「風の盆」と称する祭りに変化し、
9月1日から3日に行うようになったと言われます。
 大正9年東京三越での富山県物産展に於ける公演をを契機に、おわらの改良がなされ、
画家の小杉放庵、舞踊の若柳吉三郎が創った「四季の踊り」は大人気となりました。
このときのおわらが「女踊り」「男踊り」として継承され今日のおわら風の盆になりました。


f0093285_118234.jpg

f0093285_118407.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2014-09-06 11:09 | イベント