<   2014年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2014年 10月 29日
秋の薔薇           <1172>
 秋に咲くバラが花壇を彩っています。
春のものより数も少なく華やかにも欠けるようです。
しかし花の女王としての貫禄は十分で甘い香りもたっぷり嗅ぎました。
毎年新しい品種が出るようでとても名前は覚えきれません。
かなり以前に諦めて名無し君です。一枚目は多重露出でダブらせました。 m(^_^)m
                 Nikon D800+Micro Nikor 70-180mm
                 Nikon Df+Micro Nikor 40mm


1 赤系
f0093285_14423731.jpg

2 ピンク系
f0093285_14431124.jpg

3 白ほか
f0093285_14434580.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2014-10-29 14:45 | 四季の花々
2014年 10月 25日
少し寂しげ十月桜 <1171>
 この時期に咲くので十月桜の名があるようです。
人目を引きますが珍しいものではないようです。
春のソメイヨシノのような華やかさはありませんがかわいいです。
 江戸彼岸(エドヒガン)と豆桜(マメザクラ)の交雑種といわれる、
小彼岸桜(コヒガンザクラ)の園芸品種である。 江戸時代の後期から広く栽培されてきた。
シキザクラ、コブクザクラ等も年に2回開花する。また、フユザクラは冬に咲くが、別種。
秋口に咲く特徴から紅葉する樹木と共に植えられることもあり、桜と紅葉が楽しめるように設置される事もある。


f0093285_14255645.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2014-10-25 14:27 | 四季の花々
2014年 10月 21日
尾道灯りまつり             <1170>
 尾道水道に面する雁木から尾道三山の中腹にたたずむ寺々へ続く参道や境内に約30,000個もの灯りをともし、
かつて北前船が目印とした常夜灯の雰囲気を醸し出します。
また祭りに合わせ、普段見ることのできないお寺の宝を公開する「寺宝展」やライブなども開催されました。
 灯りとなるぼんぼりはエベントに参加した16寺の付近の小中校生が製作しました。


f0093285_13521558.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2014-10-21 13:52 | イベント
2014年 10月 17日
秋の七草              <1169>
 春夏秋冬それぞれの終わりには18~19日の土用の期間があり、
古い季節と新しい季節を円滑に交代させるといわれています。
10/20~11/06日が秋土用で暦の上では間もなく秋から冬へと季節が変わます。
 秋の七草と思い捜してみましたがハギしか見つかりませんでした。


f0093285_1328434.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2014-10-17 13:28 | 四季の花々
2014年 10月 13日
皆既月食               <1168>
 8日は皆既月食でした、夕食を早めに執って待ち構えていました。
6:15分ころから下部の方が欠け始め次第に上部へ広がりました。
最初は普通の満月ほどの露出で良かったのですが、
半分以上欠けてくると露出不足になってきました。
手元の暗いところで設定のやり直しです。
50分ほどでほとんど欠けて見えなくなりました。
後半は逆の順序で満ちていくはずでしたがあまり綺麗ではなく興味を失いました。


  左から 18:37分 18:44分 18:48分 18:54分 18:59分 19:10分
f0093285_13474535.jpg

  5番目の拡大
f0093285_13432389.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2014-10-13 13:48 | 風景
2014年 10月 08日
秋の実り           <1167>
 今夜は満月(皆既月食)ですね、欠け始めるのが6:15分ごろからとか。
以前に一度見ましたが茶色がかってあまり綺麗ではありませんでした。
それでも珍しいですから眺めてみましょうか。
 季節は秋たけなわといったところでしょうか。
果物が実り種を付け稲も頭を下げているようです。


 ザクロ、ニガウリ、カキ、ムベ、ハナミズキ。
f0093285_1402525.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2014-10-08 14:01 | その他
2014年 10月 04日
秋を彩るコスモス       <1166>
 秋に桃色・白・赤などの花を咲かせる。
花は本来一重咲きだが、舌状花が丸まったものや、八重咲きなどの品種が作り出されている。
本来は短日植物だが、6月から咲く早生品種もある。
 原産地はメキシコの高原地帯。
18世紀末にスペインマドリードの植物園に送られ、コスモスと名づけられた。
日本には明治20年頃に渡来したと言われる。秋の季語としても用いられる。
日当たりと水はけが良ければ、やせた土地でもよく生育する。
景観植物としての利用例が多く、河原や休耕田、スキー場などに植えられたコスモスの花畑が観光資源として活用されている。
 ただし、河川敷の様な野外へ外来種を植栽するのは在来の自然植生の攪乱(かくらん)であり、一種の自然破壊であるとの批判がある。         =wikipedia より=


f0093285_14473858.jpg

                    

合唱曲コスモス
[PR]

by hakutou5 | 2014-10-04 14:49 | 四季の花々