<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2015年 02月 23日
春を待つ花   <1199>
この地方では春一番も吹いたようで風の吹きようも柔らかくなりました。
佐保姫も微笑んだのか春の花もボチボチ見られるようになりました。
フキノトウを捜してみたら日当たりのいいところに二つ三つ顔を出していました。
まだ料理に使うほどは無理です。


f0093285_14155174.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2015-02-23 14:18 | 四季の花々
2015年 02月 18日
暖簾の町勝山           <1198>
 岡山県の中央部に位置する真庭市勝山町は福井街道の宿場町として栄え、
神社仏閣、武家屋敷などが残されています。
町並み保存地区にはナマコ壁格子戸の家が軒を連ね風情を感じさせます。
家々には独自の暖簾が下げられ、二月末にはひな祭りがもようされます。


f0093285_14515083.jpg

f0093285_1452619.jpg

f0093285_14522115.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2015-02-18 14:53 | 風景
2015年 02月 14日
神庭の滝           <1197>
 日本の滝百選の神庭の滝周辺には餌付けされたサルが数十頭いるので、
写真を撮ろうと厳寒期に出かけてみました。
雪景色は見られましたが目的のおサルさんは顔を見せてくれませんでした。


f0093285_14205338.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2015-02-14 14:21 | 風景
2015年 02月 09日
三原神明祭り         <1196>
 「神明祭」とは、伊勢神宮を祀る祭りのことをいいます。
この信仰が全国に広まったのは室町末期で、三原もその頃この地方の港町として栄えつつあり、
当時、九つの町組が寄り合って始めたのが祭りの起こりと言われております。
 毎年2月の第2日曜日を含む前3日間、東町、館町、本町一帯で行われる神明祭りは、
あちらこちらの店先に翁人形やだるまを飾りつけ、東町、館町一帯に500もの露店が立って、
身動きできない程の人出(30万人)で賑わいます。
 三原城を築いた小早川隆景は、この祭りを大切なものとし、瓶子一対を寄進し、
近郷より繰り出す景気人出の模様を見て、その年の豊凶を考量されたと言われています。
神明祭りのシンボルとなっている四代目大ダルマは、高さ3.9m、廻り(直径)2.9m、重さ約500kg、
鉄骨の骨組みに新聞紙やクラフト紙を貼り合わせて、樹脂塗装により色付されています。


f0093285_1430233.jpg

f0093285_14301831.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2015-02-09 14:33
2015年 02月 05日
寒さに負けぬ野鳥たち         <1195>
 立春とは言え寒さひとしおの今日この頃です。
野山に餌が少ないのか野鳥がしきりに庭に姿を見せます。
片隅に植えたブロッコリーの葉をつまむのでネットを掛けたところ
ピーピーと抗議の声をあげていました。
鳥追いをしていた同居人がヒマそうにしています。


f0093285_1350363.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2015-02-05 13:51 | 生き物達
2015年 02月 01日
朝日に憧れ           <1194>
真っ赤な朝日に憧れて今年も三度も出かけてみましたが
いずれも黒雲に邪魔されて真っ赤な日の出は見られませんでした。
いずれの場所も背景との絡みがあって賞味期限があります。
また来年まで待たなければなりません。
もし足腰がもてば頑張りましょう。


f0093285_15101640.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2015-02-01 15:12 | 瀬戸内海