2013年 03月 01日
ひな祭り              <1126>
 間もなくひな祭り、あちこちでお雛様の展示が行われています。 
立春(2月4日)頃から遅くても2月24日までに飾りつけるのが一般的だそうです。
雛人形は子どもの身代わりとなり、事故や病気から守ってくれ、子どもの健やかで幸せな成長を祝うために飾る。
姉妹がいる場合、子どもの災厄を身代りとなる雛人形は、(本来ならば)兼用を避け、
それぞれ別のものを飾らなければならないとされていますが現在の住宅事情では難しいですね。
 古い時代の物は面長でゆったりした雰囲気です。


1 
f0093285_14581424.jpg


f0093285_14583868.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2013-03-01 15:00 | イベント


<< 春の花咲きだす        ...      春を呼ぶ花・セツブンソウ   ... >>