2008年 02月 29日
雛飾り
 ひな祭りは女の子の健やかな成長を祈る行事として3月3日に行われています。
以前は旧暦だったので桃の咲くころになり、桃の節句とも呼ばれています。
江戸初期は内裏様一対だけのものだったのが、
後期には従者が数段並ぶスケールの大きなものになってきました。
 男が右か左か話題になります。
その昔は左が位が高かったので男が左、関西にはこの慣習が残っています。
文明開化の影響で天皇が右に立つようになり、関東ではこれを取り入れました。
結論はどちらでもいいのだそうだそうです。


1 江戸末期のお雛様、面長であらせられます。
f0093285_1671993.jpg

2 明治初期のお雛様。
f0093285_1683931.jpg

3 これも江戸末期のお雛様。
f0093285_1692983.jpg

4 昭和初期には御殿造りが流行しました。
f0093285_16101772.jpg

5 大正時代の段飾り、何代も続く保命酒屋さんの店先です。
f0093285_16135898.jpg

[PR]

by hakutou5 | 2008-02-29 16:16 | イベント


<< 変わり雛      春よ来い >>